強いインパクト 上半身を鍛えるトレーニング バッティング・パワーアップ・プログラム 森部昌広 練習法 口コミ

強いインパクトを作るには上半身を鍛えるトレーニングが必要

パワーのある強打者になるには、上半身や体幹を鍛えることは欠かせませんね。
何故なら強くて速い打球というのは、体幹をを支点として力を加える腕を力点として生まれるからです。

 

 

分かりやすく言えば、背中から胸にかけての筋肉が連動して、その力が肩から腕に伝わり、強いインパクトが作り出されるのです。
また、スイング(ヘッド)スピードを上げて、強くて速い打球を打つ為には、上半身(体幹)を支点として、体を捻じることが必要いなってきます。

 

 

そして、この体の捻じりの中心的な働きをするのが上半身の筋肉群で、その捻じりのパワーをより強くするには上半身を鍛えるトレーニングが必要になってくるのです。

 

 

そんな大きなパワーを生み出す上半身の筋肉を鍛えるには、筋肉量を増やして、筋肉の断面積を太くするのが効果的です。それには重い負荷でゆっくり少ない回数を行うトレーニングをすることです。

 

 

更に、バッテイングでは瞬時に体幹や腕の筋肉を動かせるようになることが必要ですが、それには軽い負荷で、早く回数をこなすトレーニングが有効です。

 

 

なお、野球のバッテイングに重要な上半身で鍛えたい主な筋肉としては、首のそばにある僧帽筋、肩の付け根にある三角筋、腕の上腕二頭筋、胸にある大胸筋、肩内側にある肩甲下筋などです。
これらのそれぞれの筋肉に求められる働きなどを考えながらら、適切なトレーニングをすることが大切でしょう。

 

 

この森部昌広のバッティングパワーアッププログラムでは、バットを振るために必要な筋力強化をはじめ、上半身と下半身の力の連動についても効率よく強化できます。

何より、一番のメリットは場所を選ばず取り組む事ができるので、自宅で自主練するには最適しょう。

 

1日たった20分でホームランが打てるようになる方法

補欠でもレギュラーを獲得できるほどのホームランバッタへと変われます。

 

 

バッティング・パワーアップ・プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 内容 飛距離を伸ばすには バッテイングのトレーニング お勧めリンク集