下半身 使い方 トレーニング バッティング・パワーアップ・プログラム 森部昌広 練習法 口コミ

バッティングの下半身の使い方とトレーニング

飛距離を生むバッティングの下半身の使い方が上手く出来ていますか?
筋力が弱い人や初心者がバッティングをする時によく見られがちなのは、バットにボールを当てようと、バットを強く速く振ろうとするあまり腕に力が入りすぎて、いわゆる手打ちになってしまうことですね。

 

 

ですが、これではバットのスイングスピードが返って遅くなり、バットにボールが当たっても弱々しい打球にしかならず、飛距離も出ません。
そもそもバッティングでは『腰の回転』が重要で、その動きがスイングスピードの速さと強さを決めるのです。

 

 

そして、バッッティングはステップして踏み出した足が地面についた瞬間をスタート地点として、本格的な捻じり運動が始まり、下半身から上半身へと流れに沿って生み出された力が伝わっていきます。
そしてこの時に重要になるのが、下半身の股関節です。

 

 

何故なら、軸足を中心とした腰の回転は骨盤の回転によるものだからです。
腰の位置にある骨盤の回転が背骨の回転へと繋がり、それが腕の動き、更にはバットの動きへと繋がっていくようになるのです。
つまり、股関節は下半身のパワーを上半身へと伝える大切は要とも言えるのです。

 

 

これはバッテイングの構えから両手を使って大きなボールを投げると分かりますが、身体を大きく捻じって投げないとボールは決して遠くに飛ばないと同じです。

 

 

いずれにしても、股関節のスムーズな軸移動が行われれるような下半身の使い方をすれば、インパクトの後におのずと大きなフォロースルーになり、打球の飛距離も格段にアップする筈です。

 

 

このように股関節や骨盤の動きが、鋭い捻じりを生み出すのですが、それを支える筋肉が弱ければ軸がぶれて、パワーを損失してしまうので、太ももの裏側にある筋肉のハムストリングスを鍛えて、下半身を強化すると良いですね。

 

 

そんなバッテイングの強い捻じりを生む為に鍛えるトレーニングにも色々あるのですが、道具も使わずに最も簡単に出来るのが片足スクワットです。
やり方は、正しい真っ直ぐな姿勢で片足で立ち、腕は自然に広げます。

 

 

そのままの状態から、息を吐きながらゆっくりと腰を落としていき、膝がつかないぎりぎりのところまで落としたら、今度は息を吸いながらゆっクリと立ち上がり、元の状態に戻ります。
この片足スクワットをすることで、ハムストリングス、大腿四頭筋、大腿筋群を鍛えることが出来ます。

 

 

回数の目安としては、左右各10回程度を2セット行いましょう。

 

 

この森部昌広のバッティングパワーアッププログラムでは、バットを振るために必要な筋力強化をはじめ、上半身と下半身の力の連動についても効率よく強化できます。

そして一番のメリットは、場所を選ばずに安全に取り組む事ができることでしょう。

 

 

打撃に必要な回転軸をびくともしない強さを身につける方法をお教えします!

 

バッティング・パワーアップ・プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 内容 飛距離を伸ばすには バッテイングのトレーニング お勧めリンク集