体の捻じり(捻転) バッティング・パワーアップ・プログラム 森部昌広 練習法 口コミ

体の捻じり(捻転)をフル活用しよう

バッティングのパワーとスピードを生み出すにはどうすれば良いと思いますか?
それは体の捻じり捻転)をフル活用することです。

 

 

そもそも強い打球を打つ為には、全身の筋肉を全て利用する必要があり、その為に最も効率的なのが体の捻じり捻転)です。実際に、よくバッティングの指導を受けると、バットのスイングスピードを上げるように言われますね。

 

 

このように言われるのは、スイングスピードが速くなることでボールを強く弾き返すことができ、更にボールに当たるバットのインパクトの時間が短くなるので、ボールの見極めに時間が多くとれるようになるからでしょう。

 

 

とは言え、何も考えずにバットを速く振ってもボールを遠くまで飛ばすことは出来ません。
そして、多くの人が間違えやすいのは、バッドのヘッドだけでボールをとらえようとしてしまっていることです。
こうなると体が早く開いてしまい、打球に上手くパワーが伝わりません。

 

 

いわゆるドアスイングになってしまいます。
ですので、ボールをバットのヘッドで追うのではなく、どんな場合でもグリップからボールに向かっていくようにして、体全体でボールをとらえるようにすることで、スイングスピードも速くなり、ボールも遠くに飛ぶのです。

 

 

そして、スイングスピードが速くなるということは、身体の軸を中心に上手く回転出来ているということいなります。
これが、バッテイングに一番大切な体の捻じりである捻転になります。

 

 

いずれにしても、プロのホームランバッターなどの強打者を見てみると、打撃フォームには個人差があり人それぞれですが、共通して言えることは体の軸がぶれずに下半身から上半身へと身体の捻じりが流れるように出来ていると言うことです。

 

 

いくら腕だけを速く動かしても大きなパワーは生まれず、バッティングの飛距離を伸ばすことができません。その為には、まずは体にブレのない軸を作ることです。

 

 

この森部昌広のバッティングパワーアッププログラムでは、ブレのない軸を作る為に「8つの方法」を実践するのですが、そのためのメカニズムを知ることで無理のない身体作りを続けることができます。

 

1日たった20分でホームランが打てるようになる方法

 

バッティング・パワーアップ・プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 内容 飛距離を伸ばすには バッテイングのトレーニング お勧めリンク集