体のひねり バッティング・パワーアップ・プログラム 森部昌広 練習法 口コミ

体のひねりを使えば楽に飛ばせる

バッターなら誰しも、ボールを遠くに飛ばしたいと思ってしまうものですね。
ですが、自分でバットを力強く振っている割にはボールが飛ばず、意外に飛距離が出ないという悩みはありませんか?

 

 

このように自分で力強くスイングしているつもりなのに飛距離がでないのは、ほとんどの場合に腕力に頼った打ち方をしていることが多いです。
ボールを遠くに飛ばすには、体感を使うことが大切です。

 

 

具体的には、体幹部(上半身)をひねって構え、そこで溜めた体のひねり戻ろうとする力を利用してスイングするのです。
また、バットを握っている手首は、関節の構造から親指側に角度をつけた方が力を入れやすいです。

 

 

ですが、実際には打つときに手首が伸びたぎこちないフォームで打っている人が多いんですね。このような人は、バットのヘッドが下がっているいる為に、手首が伸びてしまっています。

 

 

当然、打つ方向にもよって違ってきますが、手首に角度をつけてバッドのヘッドを上げるようにすると、これまでよりボールをより楽に遠くへ飛ばせるようになってくるでしょう。

 

 

そして、あなたがバットを振れば振るほど飛ばせると思っているようなら、大きな間違いです。
何故なら、振りすぎてしまうと体のバランスを崩してしまい、スイングばかりが大きくて効率よく力を伝えることが出来ないからです。

 

 

このようなスイングをしているようなら、スイングをコンパクトになっても、バランスよくバットを振った方がボールを飛ばせます。
このように、飛距離アップさせたいなら、体のひねりを使えばもっと楽に飛ばせるようになる為、体幹を鍛える重要性がお分かり頂けるのではないでしょうか?

 

 

バッティングに最も適した体づくりの方法が分かります!

これを知っているかいかないかで、その後の上達は5倍以上違ってくるでしょう。

 

バッティング・パワーアップ・プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 内容 飛距離を伸ばすには バッテイングのトレーニング お勧めリンク集