腰の回転 バッティング・パワーアップ・プログラム 森部昌広 練習法 口コミ

飛距離を伸ばす腰の回転

バッティングでは腰の回転が重要ですね。あなたもコーチや監督から「もっと腰を回せ!」と言われたことはありませんか?

 

 

通常、バットにボールが当たるインパクトの瞬間に腰が回らないで止まっていしまうと、バットは速くなりますが、腰が回転していないので、いわゆる手打ちになってしまい強い打球も打てず、飛距離も伸びません。

 

 

バッティングは、ティクバックからフォロースルーまでしっかり振り抜くことが強い打球を打つことができ、飛距離アップを生みます。したがって腰の回転を中心としたか下半身の動きが大切です。

 

 

飛距離を伸ばす為のバッティングの腰の回転の一連の流れとしては、右バッターの場合なら、ステップした際にバットはトップの位置にあり、右脇を締めながらバットを振り下ろすと同時に腰を回転させるようにします。

 

 

次に、ボールを当てるミートポイントがお腹のへその前に来るようにし、バットがボールに当たる瞬間には右手の手のひらは上向きの状態で、手首はまだ返さないで腰と肩を同時に鋭く回転させます。
そして、両手が伸びきったところで自然と右手が返るようになるのが一連の強い打球を生む、飛距離を伸ばす腰の回転です。

 

 

文章で説明するのは難しいですが、ここで言う「腰を回す」とは、軸足から腰、腰から肩、肩から腕、腕からバットへと力を伝導させるバッティングのことです。

 

 

つまり、バッテイングで飛距離を伸ばすには、バットがある上半身と下半身である腰がバラバラになっていてはいけないという事です。同時回転することで打球の飛距離が伸ばせます。
なお、この時に、腰や肩は地面と平行に回転させるよう意識すると良いでしょう。

 

 

打撃に必要な強靭な回転軸を身につけるプロも行う練習法!

 

バッティング・パワーアップ・プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 内容 飛距離を伸ばすには バッテイングのトレーニング お勧めリンク集