ストライド幅 バッティング・パワーアップ・プログラム 森部昌広 練習法 口コミ

適正なストライド幅で打とう!

ボールを遠くへ飛ばそうと思ってストライド(足の踏み込み)の幅が広くなっていませんか?

 

 

ホームランなどの長打を狙うあまり、力んでストライド幅が広くなってしまう選手も多いものですね。
もちろん、ボールに向かっていく気持ちは大切ですが、スイングする際の足の踏み込みの幅が広くなると、遠くまでボールを飛ばすことができないんですね。

 

 

そもそもバッティングは、上体を回転させる運動でもあるので、ストライドの幅が広くなってしまうと腰の回転にブレーキがかかり、スイング自体が弱くなってしまいます。

 

 

逆に足の踏み込みの幅が狭いと、腰は回転しても下半身で踏ん張る力が使えなくなってしまい強い打球が打てなくなってしまいます。

 

 

強い打球の先にホームランがあり飛距離が出るので、その為にはフルスイングは欠かせません。
個人差はありますが下半身に力が入りながら、腰もスムーズに回転する適正な自分のストライドの幅があります。

 

 

そして、自分に合った適正な足幅を見つけるには、バットを腰の後ろに持っていき、地面と水平になるようにして、左右の脇でバットをはさみ、足幅を変えて腰を色々ひねって見て下さい。
最も腰が回る足幅が今のあなたに最も適したストライド幅の位置になります。

 

 

なお、バッテイングのスイングテクニックも必要ですが、それを実現するための体が必要です。実際にプロ野球でも、身体が小さい選手がスイングの瞬間に爆発的な力が出すことで、ホームランを打っている選手はいくらでもいます。

 

 

打撃に必要な回転軸がびくともしない強さを身につけるには?

 

バッティング・パワーアップ・プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 内容 飛距離を伸ばすには バッテイングのトレーニング お勧めリンク集