上半身と下半身のバランス バッティング・パワーアップ・プログラム 森部昌広 練習法 口コミ

上半身と下半身のバランスが大切

打球の飛距離を伸ばすにはパワーが必要なのは言うまでもありませんね。

 

 

ですが、だからといって力まかせでボールを打ったとしても、思ったより打球は遠くに飛ばないものです。
打球の飛距離を出すには、下半身に溜めた力を上半身に上手く伝えることで腰の回転が早くなり打球が遠くに飛ぶようになるのです。

 

 

この「腰の回転」とは、軸足から腰、腰から肩、肩から腕、腕からバットへと力を伝導させるバッティングのことです。

 

 

つまり、上半身と身体のバランスが飛距離を生むということです。
ただ、下半身を上手く使えば飛距離は出るようになるとは言え、あまり意識しすぎてもバットの出方が遅くなります。

 

 

ボールを打つ時のタイミングの取り方は、足を使うのか、それとも手でとるのかによっても違ってきますが、下半身と上半身を同時に回転させることで打球の飛距離が伸ばすことが出来ます。

 

 

例えば、右打者なら左膝、左腰、左肩が同時に回転させるように意識して行うと良いです。
その為には、構え、ティクバック、ステップまでの動きで、ティクバックでのトップとステップのタイミングが同じ姿勢を保てるようにします。

 

 

バットの振りだしは腰の回転でやり始め、左ひざの内側の方に体重をかけて、膝を開かないように回転させます。そして、ボールにバットが当たるインパクトの瞬間に左膝、左腰、左肩を同時に鋭く回転させるような一連の動きが出来ると、バット出方も速くなり、なめらかにバットが振れることで速球に食い込まれることも少なくなってくる筈です。

 

 

そして、理想的なスイングと言うのは、インパクトの時に、頭と両足を結んだ線が三角形になることです。そうなっていれば、ティクバックからフォロースルまで軸が崩れていないと言えるでしょう。

 

 

上半身・下半身・体幹・瞬発力と全てにおいて分かりやすく解説!

バットを振るために必要な筋力強化をはじめ、上半身と

下半身の力の連動についても効率よく強化できます。

 

バッティング・パワーアップ・プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 内容 飛距離を伸ばすには バッテイングのトレーニング お勧めリンク集