ヘッドスピード バッティング・パワーアップ・プログラム 森部昌広 練習法 口コミ

素早いヘッドスピードを身につけよう

野球でのバッティングで、飛距離を伸ばし打球を飛ばすには、クリップエンドが球に向かうスイングでの遠心力を活かした素早いヘッドスピードを身につけることが必要です。

 

 

バットを振りだした際のヘッドの位置からミートするまでの距離が遠ければ、遠心力が大きくなりその分だけ打球を遠くに飛ばすことが出来るようになります。

 

 

また、遠心力が大きくなると言うことは、それだけスイングのバットスピードは加速して、ヘッドスピードが速くなります。

 

 

そして、グリップエンドからボールをミートするまでのスイングの基本的な打ち方として、例えば、真ん中より高めの球を打つ場合は、まず、重心を後ろ足にしっかり乗せるようにして、ボールをぎりぎりまで引きつけます。

 

 

次に、ミートポイントに向けてグリップエンドから始動しはじめ、ヘッドは後ろにぎりぎりまで残すようにして、前足をステップさせて壁を作るように踏ん張り、左腕を真っ直ぐに伸ばして一気にバットを振リ抜きます。(フォロースルも最後まで振り切るように。)

 

 

素早いヘッドスピードをさせ飛距離を伸ばす為のポイントとしては、体重移動と左腕を伸ばすことです。
力強いスイングをするには、下半身での体重移動は必要不可欠で、軸足となる後ろ足に重心をしっかり乗せるようにしないと、パワーが生まれません。
そして、前足をステップさせて重心を前に移動させます。

 

 

また、ボールにインパクトする瞬間に、左腕が曲がっているとパワーがバットに伝わらなくなる為、左腕は伸ばし下半身からのパワーを最大限に生かせるようにバットに伝えることが大切です。この時に軽く右腕が曲がっていると球を押し込めるようになります。

 

 

このように、素早いヘッドスピードは打球を遠くに飛ばす為に必要な技術ですが、テクニック論だけでは、決して打球を遠くに飛ばすことはできません。

 

 

その技術が上手く出来るように、下半身の強化やバランス感覚を養ったりと、パワーを発揮できる体作りが必要になってきます。

 

 

バットのインパクト時に無駄な動作や動きが残ることで、発揮できる力が30%〜50%は落ちると言われています。この森部昌広さんのバッティングパワーアッププログラムは、誰も知っているような小手先のテクニック的なことではなく、打撃に必要な動作を改善し、バットに確実に力を伝えることのできる方法が分かります。

 

飛距離抜群の大砲になれる!

 

バッティング・パワーアップ・プログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 内容 飛距離を伸ばすには バッテイングのトレーニング お勧めリンク集