速いバットスイング バッティング・パワーアップ・プログラム 森部昌広 練習法 口コミ

速いバットスイング

バッティングで飛距離が伸びないのは、速いバットスイングが出来なていないことも要因の一つですね。

 

 

当然ですが、バットの振りが大きくなればなるほど振り遅れる可能性が高くなります。
どうしても、ボールを飛ばそうと思う気持ちが強くなると、スイングは大きくなるものです。

 

 

まずは、確実なバットにボールが当たるようにミート心がけるようにしなければいけません。
そして、構えからインパクトまで、最短距離にバットが出て、コンパクトにスイングすることも必要です。

 

 

実際にピッチヤーが投げた球速120kmのボールが、18m離れたホームベースに届く時間は、0.54秒です。
したがって、少しでもスイングの始動が遅くなるだけで、バッティングは遅れることになり、バットにもかすりもしなくなるということもあるのです。

 

 

また、ピッチヤーが投げるボールを離すリリースに合わせてタイミングを合わせても、バットスイングが遅ければバットに当たりませんね。

 

 

ですので、ピッチヤーが投げたリリース直後にコースや球種を見き分め大振りしないように、全ての動作を速くしてスイングスピードを上げる必要があるのです。

 

 

変化球を待っていて、速い球が来ると遅れるので、上手く対応しきれません。
ですので、基本は速い球に重点を置きながら、変化球にも備えるように準備をするようにします。

 

 

もし、あなたが、この森部昌広さんのバッティングパワーアッププログラムの練習法を試せば、速いバットスイングが出来るようになるのはもちろん、例え、身体が小さくてチームでもずっと補欠でも、野球経験が浅くても、短期間で今より飛距離は伸び、打率も上がりパワーヒッターになるのも夢ではなくなるでしょう。

 

 

1日たった20分の練習でホームランが打てるようになる方法!

 

バッティング・パワーアップ・プログラムの詳細を見てみる

 

 

 

 
実践者の声 内容 飛距離を伸ばすには バッテイングのトレーニング お勧めリンク集