飛距離を伸ばす上で必要なこと バッティング・パワーアップ・プログラム 森部昌広 練習法 口コミ

飛距離を伸ばす上で必要なこと

ここでは、バッティングで飛距離を伸ばす上で必要なことについて見て行きます。
参考になれば幸いです。

飛距離を伸ばす上で必要なこと記事一覧

速いバットスイング

バッティングで飛距離が伸びないのは、速いバットスイングが出来なていないことも要因の一つですね。当然ですが、バットの振りが大きくなればなるほど振り遅れる可能性が高くなります。どうしても、ボールを飛ばそうと思う気持ちが強くなると、スイングは大きくなるものです。まずは、確実なバットにボールが当たるようにミ...

≫続きを読む

 

素早いヘッドスピードを身につけよう

野球でのバッティングで、飛距離を伸ばし打球を飛ばすには、クリップエンドが球に向かうスイングでの遠心力を活かした素早いヘッドスピードを身につけることが必要です。バットを振りだした際のヘッドの位置からミートするまでの距離が遠ければ、遠心力が大きくなりその分だけ打球を遠くに飛ばすことが出来るようになります...

≫続きを読む

 

上半身と下半身のバランスが大切

打球の飛距離を伸ばすにはパワーが必要なのは言うまでもありませんね。ですが、だからといって力まかせでボールを打ったとしても、思ったより打球は遠くに飛ばないものです。打球の飛距離を出すには、下半身に溜めた力を上半身に上手く伝えることで腰の回転が早くなり打球が遠くに飛ぶようになるのです。この「腰の回転」と...

≫続きを読む

 

適正なストライド幅で打とう!

ボールを遠くへ飛ばそうと思ってストライド(足の踏み込み)の幅が広くなっていませんか?ホームランなどの長打を狙うあまり、力んでストライド幅が広くなってしまう選手も多いものですね。もちろん、ボールに向かっていく気持ちは大切ですが、スイングする際の足の踏み込みの幅が広くなると、遠くまでボールを飛ばすことが...

≫続きを読む

 

飛距離を伸ばす腰の回転

バッティングでは腰の回転が重要ですね。あなたもコーチや監督から「もっと腰を回せ!」と言われたことはありませんか?通常、バットにボールが当たるインパクトの瞬間に腰が回らないで止まっていしまうと、バットは速くなりますが、腰が回転していないので、いわゆる手打ちになってしまい強い打球も打てず、飛距離も伸びま...

≫続きを読む

 

トップの溜めが長打を打つには大切

長打力のあるホームランバッターになるには、トップでパワーを溜めて自分の力を効率よくバットに伝えることが大切です。テークバックでボールを呼び込んでいる状態で、そこからボールを打ちにいくバットを振り出す瞬間がトップですが、長打を打ちたいなら、このトップの溜めが一番大切です。ここでしっかり力を溜めて、一気...

≫続きを読む

 

体のひねりを使えば楽に飛ばせる

バッターなら誰しも、ボールを遠くに飛ばしたいと思ってしまうものですね。ですが、自分でバットを力強く振っている割にはボールが飛ばず、意外に飛距離が出ないという悩みはありませんか?このように自分で力強くスイングしているつもりなのに飛距離がでないのは、ほとんどの場合に腕力に頼った打ち方をしていることが多い...

≫続きを読む

 

インパクトで強い打球を打つ

インパクトしだいで強い打球が打てるようになり、飛距離が伸ばせることをご存じですか?ご存じだと思いますが、インパクトはバットがボールに当たる瞬間で、野球でのバッティングの重要な動作ですね。また、手首が返る動作とも言われ、プロ野球の選手でも木目とバットマークの回転を使って意識しているとも聞いた事がありま...

≫続きを読む

 

体の捻じり(捻転)をフル活用しよう

バッティングのパワーとスピードを生み出すにはどうすれば良いと思いますか?それは体の捻じり捻転)をフル活用することです。そもそも強い打球を打つ為には、全身の筋肉を全て利用する必要があり、その為に最も効率的なのが体の捻じり捻転)です。実際に、よくバッティングの指導を受けると、バットのスイングスピードを上...

≫続きを読む

 
 
実践者の声 内容 飛距離を伸ばすには バッテイングのトレーニング お勧めリンク集